スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

スズキ Kei リアワイパー ウォッシャーホース補修

 2015-09-13

先日、スズキ Kei のリアワイパーのウォッシャー液が出なくなった。
厳密に言えば、ウォッシャー液を出そうとすると、モーターの作動音がするが、
ウォッシャー液がトランク右側の淵をつたって地面に流れ落ちている…。
なお、フロントワイパーのウォッシャー液は問題無く噴射されている。

症状からすると、モーター等の電装類には問題が無く、
フロント側にあるウォッシャータンクからトランク側までウォッシャー液が流れているが、
トランク付近の流路(ホース)に不具合が出ていると判断。

トランクを開けると、右上にウォッシャーホースや配線類を覆っているゴムカバーがある。

NEC_0041_R.jpg

ゴムカバーを外すと、綺麗にウォッシャーホースが切れていた。
てっきり、ホースがボロボロに劣化して漏れているのかと思ったが、
刃物で切ったかのように綺麗に切断されていた。

私自身はトランクをほとんど使わないが、経年劣化でホースが多少硬化した上で、
開閉のたびに負荷が掛かると、この部分が切れやすくなるのかもしれない。

NEC_0042_R.jpg

あり合わせの材料でホースが切れた部分を補強し、
ブチルゴムの自己融着テープでグルグル巻きにした上に、
念の為にビニールテープを巻いておいた。

一般的なウォッシャー液は、水に界面活性剤とアルコール類(エタノール)が入っていると思うが、
ブチルゴムの耐薬品性を調べるとエタノールには耐えられるようだ。
界面活性剤に関しては分からないが、リアウォッシャーを使う頻度は少なく、
ホースをウォッシャー液が通過する時間は限定的であると思われる。また濃度も薄いと思う。
(リアウォッシャーを作動させると噴射までに数秒掛かるため、おそらくは今回のようなホース末端付近で、
しかもトランク上部側のホースであれば、常にウォッシャー液で満たされているわけではないと判断)

以上の理由から、ブチル自己融着テープで問題無いと考え、
さらには耐候性をさらに確保するため、気休め程度にビニールテープを巻いておいた。

さっそく、リアウォッシャーを作動させてみると、勢い良く噴射された。

真夏の炎天下で、ボディが非常に高温になっても大丈夫かと思い、
後日、暑い日にも確認したが補修部分に問題は無かった。
手元にある自己融着テープの使用温度範囲は0℃~70℃となっていたので、
トランク内側の部分であれば真夏でも真冬でも、まず問題ないと思われる。

本来であればメーカーから純正品のホースを取り寄せ、大掛かりではあるがホース全体を交換するべきだろう。
しかし、もちろん人にはオススメできないが、個人的にはこういう補修・修理も必ずしも間違いではないと思う。

スポンサーサイト
タグ :

スズキ Kei ターボのインプレ

 2015-07-19

車検更新の関係で、エブリィJOIN ターボDX-II(DA52V)から、
スズキ Kei(ターボ付き・21世紀記念スペシャルEX)に乗り換えた。

4ATでターボ搭載なので走りに不満は無い。
また、「21世紀記念スペシャルEX」という特別な仕様なので、
スモークガラス等を装備しており、快適性も十分。

トランクスペースは軽自動車なので広いとは言えない。
しかし、ゴルフバッグも後部座席に横向きに置くことができる。
(置くというより、詰め込むに近い状態ではあるが)

今まで、カレン(ST206)→エブリィ(DA62V)→エブリィJOINターボDX-II(DA52V)と乗り継いできたが、
見た目の可愛さでは一番だと思う。

フロントの顔つきが何となく猫のようで、フロントライト形状も猫目な感じがする。
一方で、女性向けを前面に押し出した「丸みを帯びたデザイン&パステルカラー」という
最近のデザインではないので、性別を問わず選びやすいデザインだと思う。

NEC_0049_R.jpg

車検毎に車検付きの格安中古車に乗り換えるのはコスト面でもメリットがあるが、
色々な車に乗れる機会が増えるというのも、車好きには大きなメリットである。

タグ :

スズキ エブリィ ジョイン ターボDX-II (DA52V)のインプレ

 2014-08-26

昨年からスズキ エブリイ JOIN(DA62V)に乗っていたが、今年の春からJOIN ターボDX-IIに乗り換えた。

JOIN(DA62V)はタイミングベルトではなくタイミングチェーンを採用していることや、
シンプルなNAであることによる安心感もあり、近場を中心としたトランポ&日常使用には不満が無かった。

一方で、家族を乗せて遠出をするときには、やはり快適さで劣る面もあり、
車検のタイミングを考慮して乗り換えに至った。

ジョイン ターボDX-II DA52VはDA62Vの前のモデルであるが、
基本的な積載能力は変わらない印象。

古いモデルであっても上級グレードだけあり、集中ドアロック・パワーウィンドウも装備している。

DSCF4781_R.jpg

やはり、何といっても軽ターボはNAと比べて、走行後の疲労感が少ない。
スムーズな加速によりストレスが少ないことや、高速走行時の振動&騒音が少ないことが、
トータルでドライバーの疲労を少なくしてくれる。

「軽ターボは壊れやすい」という話を良く聞いていた為、不安もあった。
しかし、前オーナーが適宜パーツ交換をしており、タービン類も交換されていた為、購入を決めた。

なお、燃費はNAのジョイン(DA62V)が11~12km/L程だったと記憶しているが、
ジョイン ターボDX-II (DA52V)は9~10km/L程だった。
※いずれもATの過走行車で町乗りをした場合です。

NAのジョインでも十分だと考えていたが、一度ターボを体験してしまうと、
その快適さに慣れてしまい、なかなかNAには手が出なくなってしまう。

中古車ばかり乗り継いでおり、残り車検期間の関係で乗換えが多くなっている。
本来であれば車検を更新すれば良いのだが、車検付きの格安中古車を個人売買で入手できる場合には、
乗り換えた方がトータルで安く抑えられることが多い。
(もちろん、リスクもあるが…。少々の不具合であれば自分で修理・交換するスタイルであれば悪くないと思う)
また、趣味として色々な車を楽しむ上でも、ついつい乗換えを選択してしまう。

タグ :

DAELIM Besbi125の感想

 2014-03-02

先日、不動のDAELIM Besbi125を入手した。
直して乗ろうと思っていたが、計画変更で手放してしまった。

よって、走行は行っていないが、ネット上でも情報が少ないスクーターなので、
参考資料として外観と感想を残しておこうと思う。

外観はクラシックな雰囲気。
この車両は程度が良く、サビもほとんど無かった。
海外サイトによると、カタログスペックでは9馬力らしい。
DSC_0013_R_20140302205050ebe.jpg


丸みのあるデザインは可愛らしく、女性にも好まれるデザインだと思う。
DSC_0014_R.jpg



テールランプはLEDのようだ。
DSC_0008_R.jpg



メーター回りもクラッシックな雰囲気でデザインされている。
DSC_0018_R_20140302205052aa4.jpg



シートはタンデム走行でも余裕のありそうなサイズ。
DSC_0007_R_20140302205050d97.jpg



シート下は思ったよりも狭い。
DSC_0016_R_20140302205053ff9.jpg



デザインはお洒落で悪くないが、シート下の容量が少ないため、
別途、リアボックス等を用意した方が実用的だと思う。


実際に走行していないので、走行性能については分からない。

今回はあくまで外観での感想になってしまったが、
海外スクーターは個性的なものが多く、興味深い。

タグ :

スズキ エブリイ JOIN(DA62V)のインプレ

 2014-02-23

昨年、カレンを手放してから、トランポとして「スズキ エブリイ」を入手した。

自分はあくまで125ccまでのバイクを運搬できれば良く、
軽バンであれば特にこだわりは無かった。

エブリイJOIN(DA62V)を選んだ理由は、
タイミングベルトではなくタイミングチェーンを採用している点が大きかった。

DSC_0028_R.jpg

荷台の広さにも不満は無い。
普通の原付であれば余裕を持って積載でき、
大柄な250ccクラスに匹敵する車格のRV125JPも助手席を畳めば載せられる。

なお、シートは思ったよりも座りやすい。
バイク輸送のみならず、大きな荷物を載せられるので買い物にも便利。

DSC_0018_R_20140223174810ed8.jpg

走行距離は16万km程だったが、元々事業用に用いられていた為か調子が良い。

NAの3ATなので非力といえば非力ではあるが、
ターボの方が車の寿命が短くなるような気がするので、
シンプルで車両価格の安いNAを選んだ。

坂道での加速と、高速道路での長距離移動では非力さを感じるが、
それは軽自動車として当たり前のことではないだろうか。
非力と言っても、重量のあるRV125JPを積載しても幹線道路の流れに乗れるし、
高速道路も80km/h巡航であれば、特別ストレスは感じないと思う。

燃費は11km/L程だったが、これは個々の車体、乗り方に左右される。

より快適でゆとりのある本格的なトランポを目指せば、当然ハイエース等に行き当たるが、
趣味程度で使うのであれば、軽トランポが最も費用対効果が高いと感じた。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。