スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

湘南ジャンクヤード バイクの解体屋!?

 2008-06-19
ときどきバイクのパーツやジャンク品の話題で出てくるユーメディアの「湘南ジャンクヤード」に行ってみました。

ドゥカティとか扱っている普通のユーメディアの反対車線側の橋の方(分かりにくい表現ですみません…)にあって探すのに苦労しました。

相模川に架かっている橋のすぐ真横だったとは…。

そんなこんなで、中に入ってみると噂通りにジャンクバイクとパーツの山。
ジャンクバイクは5000円、1万円、3万円、5万円、7万円、10万円均一みたいな感じで区別されて置いてあったので分かりやすかったのですが、普段、ヤフオクで慣れていると値段が高く感じる。

確か、ジャンクのエリミネーター250LXが7万円のコーナーに置いてあったけど、ヤフオクで7万でエリミ250LXを探せば、取り合えず実働モノが手に入る気がする…。
※個人的にエリミネーターシリーズは好きなので、3万円コーナーにあれば買っていたw

屋根の下においてあるバイクには値札が付いていて、値段は並だったと思う。
(一部の車両には別途料金で整備してくれると書いてあった。)

5000円コーナーは値段の通りの状態のモノでしたが、状態と金額のバランスを見ると5000円コーナーから3万円コーナーが一番お得に感じました。
チョイノリが安く大量においてあったけど、中古のチョイノリを買う場合には樹脂製のカムが磨耗しているかもしれないので勇気がいる(汗)

ジャンクバイクはこんな感じでしたが、パーツの方はかなりの量でした。

ウィンカーやカウル、タンク、ペダル、とにかくバラバラにしたものが山積みなので、レストアを趣味にしている人には良いと思いますし、そうでなくてもマニュアル・パーツリスト類もあったので便利だと思います。

特に買うものはありませんでしたが、なかなか面白い体験が出来てよかったです。

今度は解体屋つながりで有名な千刈商会に行ってみよう!



スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。