スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

スズキ レッツCA1KAのインプレ

 2014-01-19


スズキ レッツ(Let's)といえば、
レッツⅡ(Lets'II)をイメージする方が多いと思う。

しかし、初代レッツ(CA1KA)こそ興味深いバイクだと思う。
何といっても、格納式フロントバスケット(バスケットイン)はとてもユニークな構造だ。

DSC_0001_R_201401031451527c6.jpg

荷物によって光が遮られないようにヘッドライトを低位置にし、
その上にフロントバスケットのスペースを確保している点では、
ジョグポシェやジョグC(SA01J)に近いかもしれない。
しかし、初代レッツは必要に応じてフロントバスケットを格納できる点が斬新だ。

DSC_0010_R.jpg


もし問題点を挙げるとすれば、一般的な後付フロントバスケットであれば、
より大型なバスケットを任意で取り付けることも出来るが、
初代レッツでは後付けバスケットを取り付けることが困難で、
格納式フロントバスケットの容量に制限されてしまうという点だろうか。
(もちろん、リアキャリア&ボックスを装備すれば積載量は格段に良くなる)

その他、走りや燃費に関しては、原付として不満な点は無い。

後に発売されたレッツⅡでは初代レッツのような特殊な構造を無くし、
いわゆる「一般的なスクーター」の外観にすることで大ヒットとなった。

日本のスクーター市場において、独特な外観のスクーターは受け入れられにくいが、
格納式フロントバスケットが改良され続けることで、安全性と実用性に優れたスクーターが生まれる気がする。

一度、市場に受け入れられなかったからといって、
このような素晴らしい機能が忘れられてしまうのは惜しいと思う。
スポンサーサイト
タグ :

GN125Hのインプレ

 2014-01-03

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

新年早々、GN125Hのインプレを掲載します。
いつも通り、素人目線の拙いインプレですが、
何処かの誰かの参考になればと思い書きました(笑)

GN125Hは比較的有名なので詳細は省きますが、
スズキから技術供与を受けた中国の大長江集団が製造しているバイクです。

中国製のバイクという事で、品質に不安を抱く方も少なくないと思いますが、
技術供与を受けているだけあり、よく作られているバイクだと思います。

今まで色々な中華バイクを触った上で、
最も日本車との違いが顕著なのが「錆びやすさ」だと考えています。
しかし、GN125Hは錆びやすいということは無く、メッキの質も問題無いと感じました。

DSCF4507_R.jpg

DSCF4508_R.jpg

DSCF4500_R.jpg

天気の良い日に日帰りツーリングを行いましたが、
車体が軽くて、パワーもそこそこあり、疲れませんでした。
幹線道路でも余裕を持って走れました。

DSCF4503_R.jpg

ブレーキも必要十分。
町乗り~ツーリングまで普通の乗り方で困ることは無いでしょう。

DSCF4499_R.jpg

お手軽なのは125ccのスクーターかもしれませんが、
この渋いスタイルは魅力的だと思います。

また、消耗品や中古パーツ類がネット上で大量に出回っているのも、
実際に所有する際の大きな魅力だと思います。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。