スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

スズキ エブリィ ジョイン ターボDX-II (DA52V)のインプレ

 2014-08-26

昨年からスズキ エブリイ JOIN(DA62V)に乗っていたが、今年の春からJOIN ターボDX-IIに乗り換えた。

JOIN(DA62V)はタイミングベルトではなくタイミングチェーンを採用していることや、
シンプルなNAであることによる安心感もあり、近場を中心としたトランポ&日常使用には不満が無かった。

一方で、家族を乗せて遠出をするときには、やはり快適さで劣る面もあり、
車検のタイミングを考慮して乗り換えに至った。

ジョイン ターボDX-II DA52VはDA62Vの前のモデルであるが、
基本的な積載能力は変わらない印象。

古いモデルであっても上級グレードだけあり、集中ドアロック・パワーウィンドウも装備している。

DSCF4781_R.jpg

やはり、何といっても軽ターボはNAと比べて、走行後の疲労感が少ない。
スムーズな加速によりストレスが少ないことや、高速走行時の振動&騒音が少ないことが、
トータルでドライバーの疲労を少なくしてくれる。

「軽ターボは壊れやすい」という話を良く聞いていた為、不安もあった。
しかし、前オーナーが適宜パーツ交換をしており、タービン類も交換されていた為、購入を決めた。

なお、燃費はNAのジョイン(DA62V)が11~12km/L程だったと記憶しているが、
ジョイン ターボDX-II (DA52V)は9~10km/L程だった。
※いずれもATの過走行車で町乗りをした場合です。

NAのジョインでも十分だと考えていたが、一度ターボを体験してしまうと、
その快適さに慣れてしまい、なかなかNAには手が出なくなってしまう。

中古車ばかり乗り継いでおり、残り車検期間の関係で乗換えが多くなっている。
本来であれば車検を更新すれば良いのだが、車検付きの格安中古車を個人売買で入手できる場合には、
乗り換えた方がトータルで安く抑えられることが多い。
(もちろん、リスクもあるが…。少々の不具合であれば自分で修理・交換するスタイルであれば悪くないと思う)
また、趣味として色々な車を楽しむ上でも、ついつい乗換えを選択してしまう。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://artemislcw.blog110.fc2.com/tb.php/265-42e6177c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。