スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

If you find this suitscase.please take it to our daughter.K&M

 2008-02-12
やっぱり、key作品は凄い(号泣)

CLANNADを見てもやっぱり木、草、海、空…あらゆる自然を
とても綺麗に表現できていると思う!

今日見た中では第14話の研究者である“ことみ”の父の台詞が印象的でした。


真理を探究する者は傲慢であってはならない。

科学の言葉で語りえないと言って、奇跡を笑ってはならない。

この世界の美しさから目を背けてはならない。


そして、飛行機事故の際、夫妻が娘に残したメモの

世界は美しい、悲しみと涙に満ちてさえ、
瞳を開きなさい、
やりたい事をしなさい、
なりたい者になりなさい、
友達を見つけなさい。
焦らずに、ゆっくり大人になりなさい。


この言葉には本当の研究者としての素晴らしさ、
そして夫妻の優しさが感じられる。

「科学の言葉で語りえないと言って、奇跡を笑ってはならない。」
こんな事を話してくれる教授が大学にいたら、
絶対に理系が伸びると思う。

自分は大学で環境科学系統を選択していますが、
いつもkey作品の自然美や価値観に勉強させられています。
『世界の美しさ』これは美しい自然の数々もありますが、
それ以上に、そこに生きる人々の思いやぬくもりが強いように私は感じました。
本当に環境問題を考えるのなら、教科書に載っているような
「二次的自然、遷移、COD…」などの単語の知識だけでなく、
精神性も必要ではないかと思います。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://artemislcw.blog110.fc2.com/tb.php/94-ab618cd8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。