スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

CB125Tのインプレ 希少な125cc2気筒エンジン

 2013-08-04

利便性の高い原付2種の中でも、MT車は少ない。
現行車であれば、殆どが海外生産となっている。

125ccMT車の中でも、希少な2気筒エンジンを搭載している「CB125T」。

DSC_0006_R.jpg

多くの教習所でも教習車として採用されているCB125Tの乗りやすさ、
燃費、耐久性、タンデム時の安定感等はもはや説明する必要の無いほど高いレベルとなっている。

一方で、今流行の海外製125ccMT車に比べると、外観に地味さを感じる方も多い。
(※逆に、その独特のスタイルが良い面でもあるが)

特に、四角いフロントライトは年代を感じさせるため、
丸目のフロントライトに交換されている中古車も少なくない。

ところで、忘れられがちだがCB125Tはベンリィ・スーパースポーツCB92の流れを継承している、
スーパースポーツバイク」である。

簡単にカタログスペックだけでYBR125と比較してみても、
凄まじいスポーツバイクだということが分かる。

CB125T 15ps/11,000rpm
YBR125 10ps/7800rpm


CB125Tの2気筒エンジンはビックリするほど高回転まで良く回る。
普段は静音性に優れているが、高回転まで回せば排気音も凶暴なものとなり、
ノーマルのままでも125ccクラスとは思えないような音を奏でる。

DSC_0004_R.jpg


経済性や実用性を求めた結果、原付2種スクーターを選択するのが一般的だと思う。
しかし、家庭の事情で250cc以上は所有できないが、やはりMT車に乗りたい…。という方には、
実用性と趣味性を両立した1台として、125ccMT車は夢のような存在である。

CB125Tは今流行りな外観ではないが、「実用車」と「スーパースポーツバイク」を融合させた、
贅沢な125ccMT車だと思う。

タグ :

トヨタ カレン(ST206)エンジンオイル交換

 2013-05-06

カレンのエンジンオイル交換をした。

本来、1万kmに1回のオイル交換でも問題ないが、
5000km~6000kmに1回程のペースで交換を行っている。

今回は最寄の「タイヤ館」にて、一番安い「SUNOCO エコロード 5W-30」を入れた。
3.5リットルの交換で、料金は1,890円だった。

交換後はアイドリング中の振動が少なくなり、エンジンの回転もスムーズになったような気がした。

現在の走行距離は51,500km。
次回は57,000~58,000kmを目安に交換しようと思う。

タグ :

リード125(JF01)のインプレ 当時の最速スクーター

 2013-05-05

巷では今年夏に発売される予定の新型リード125が騒がれているが、
あえて初代リード125を入手した。

DSC_0001_R.jpg

スペイシー125ストライカー、リード125、トレーシー125等、
80年代前半の2種スクーターは全体的に独特な雰囲気&ゴージャスな作りで面白い。

今回入手したリード125は、系統的にはストライカーの先祖的な存在なので、
同様にタコメーターが付いている。

DSC_0018_R.jpg

私有地内を短距離しか走っていないが、大柄な外見のイメージとは異なり、
30年前のスクーターとは思えないほど非常に乗りやすかった。

車両重量84kgに対して、出力10PS/6,500rpm、トルク1.3kgm/5,000rpmと、
発売当初、二種スクーターで最速を誇ったスペックは現在でも通用する。

街中でよく見かけるアドレスV125と比べても、カタログスペックではリード125が勝っている。
【参考】アドレスV125 97kg(※燃料等含む装備重量)9.9 ps/7500rpm 1.0 kgm/6000rpm

もちろん、ブレーキやサスペンション等の様々な装備をトータルで考えれば、
時代の流れを感じさせられるが、普通に街中を走る分には特に困ることは無い。

デザインは好き嫌いが分かれると思うが、適度に大柄な車体はタンデムしやすい。
また、リアボックスを付ければ積載性能も問題ない。

80年代に見られたようなユニークなスクーターが製造されることは今後無いと思うが、
こういう変わり種があった方が個人的には嬉しい。

タグ :

スペイシー125(JF03)のフロントブレーキ

 2013-04-21

スペイシー125(JF03)のブレーキは前後共にドラムブレーキである。

他の方のインプレを見ていると、ブレーキが弱いとの意見もあるが、
私は特に弱いとは感じなかった。

もちろん、高年式の他車と比べれば弱くも感じるが、
通常使用では問題ないだろう。

スペイシーはエンジンが元気で、思ったよりも加速がスムーズなので、
幹線道路で車の流れをリードするような走りもできるが、
私は無理にスピードを出すような走りはしないので、これで十分だと感じた。

タグ :

ホンダ スペイシー125(JF03)の乗り易さ

 2013-04-14

先日、趣味用にスペイシー125(JF03)を入手した。

50km程市街地を走行したが、とにかく乗り易い。
小回りが利き、加速もスムーズで不満な点は一切ない。

また、やや大柄なボディーかもしれないが、
安定感とタンデムのしやすさを考えると、このくらいがベストかもしれない。

試してはいないが、前所有者の話では燃費も35km/Lと良い感じらしい。

アフターパーツも豊富で、ヤフオクで中古部品も入手し易い。

丈夫で長く乗れ、オールマイティーに使え、実動車体も中古で比較的安く手に入るので、
日常の足としては非常に快適な1台だと思う。

タグ :

AF27のバーエンドとウェイト

 2013-03-16


先日入手したAF27はハンドル(フロント)の振動が目立つため、
ハンドル周りを見ていたら、バーエンドが無くなっていた…。

今まで気付かなかったが、振動はバーエンドが無かったためだと思う。

社外のバーエンドが安く売っているため、取り付けたいと思う。

タグ :

スペシャリティーカーの復活希望

 2013-03-06

年配の方と話していると、「最近のクルマは面白くない」という意見が多い。
驚異的に高性能なクルマを求めているのではなく、手軽にかっこいいクルマに乗りたいという人も少なくない。

安全性能や実用性、環境負荷の低減等、様々な面で進化を遂げた現代の自動車ではあるが、
「魅力」という点においてはイマイチに感じる。

以前、ネットニュースの記事で読んだが、若者のクルマ離れの要因の1つとして、
「乗りたいと思うクルマが無い」ということが挙げられていた。
もちろん、経済的な事情や首都圏であれば公共交通機関を利用すればことが足りるという面もあるが、
乗りたい!と思わせるクルマが少ないのも事実だろう。

バブル期に流行ったようなスペシャリティーカーが爆発的に売れるとは思わないが、
どこのメーカーも同じようなクルマばかり作るのではなく、時々スペシャリティーカーを作るようにして欲しい。

時代がスペシャリティーカー、いわゆるデートカーを受け入れないのではなく、
選択肢に無いという状況が自動車産業自体を弱くしているように思える。

タグ :

PGO PMX110のインプレ

 2013-03-05

PGO PMX110は2ストらしいピーキーなパワフルさを体感できる。

車格は特別大きくも小さくも無く、取り回しは標準的な扱いやすさ。

DSCF3645_R.jpg


私が乗ったことのある車両は、ロングチャンバーを装備していたので少しノーマルと異なるが、
かなりパワフルで面白いスクーターだった。

DSCF3641_R.jpg

DSCF3636_R.jpg


メーター周りも少しお洒落な雰囲気だと思う。

DSCF3628_R.jpg


シート下スペースは、国産スクーターのメットインに比べると、
少し容量が少ないような気もするが、実用上で特に問題は無いと思う。

DSCF3651_R.jpg


タグ :

トランポとしての福祉車両

 2013-03-04


前々からトランポに憧れがあったが、
色々調べていると「福祉車両」がトランポとして最強のように思えてきた。

ヤフオクで福祉車両の中古車を探してみれば、電動リフト付きの車両が多数出てくる。
また、年式にこだわらなければお手頃価格な車両も多い。

電動リフトでなくともスロープ付きのタイプであれば、より安く出品されていることもある。

使われなくなった福祉車両は、その装備からバイクや大きな荷物の輸送に適しており、
トランポとして有効活用できると思う。

タグ :

スペイシー125ストライカーのインプレ

 2013-03-03


過去の写真を整理していたらスペイシー125ストライカーの写真が出てきた。

スペイシー125は独特の外観と、現代から見ても豪華な装備を持っているユニークなスクーターだと思う。

大柄な車体なので男性でもゆったりと乗れる。
特記するようなパワフルな印象は無いが、十分に幹線道路でクルマの流れを引っ張ることが出来る。

DSCF3947_R.jpg


個性的なリトラクタブルライトは、スペイシー125の特徴だろう。

DSCF3948_R.jpg


メットインが普及する前のスクーターなので、シート下スペースは皆無だが、
フロント側に収納スペースがあるので、小物や書類等を入れておくことが出来る。

DSCF3966_R.jpg

DSCF3965_R.jpg


これは純正のボックスだが、オプションなので標準装備ではない。
あまり見かけない希少なものだが、なかなか便利。

DSCF3967_R.jpg


スペーシー125の大きな特徴の1つがデジタルメーター。

DSCF3962_R.jpg


時計、電圧計、水温計等も付いており、現代のスクーターよりも豪華な内容になっている。

DSCF3963_R.jpg


写真の車両は基本的に純正の状態だが、特にカスタムする必要も無く、
現代でも十分に通用するスクーターだと思う。

DSCF3955_R.jpg



タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。